美容室てんぐのイオンシャワー水は全てトルマリン磁気水です

美容室てんぐでは、お客様の髪を守るため、全てのシャンプー台から出る水が、直前で完全脱塩素され、尚且つイオンシャワー水のトルマリン磁気水になって出てきます。
浄水シャワーとしてはハイレベルな、トルマリン・亜硫酸カルシウム・フェライト磁石のろ過剤を通し、
キューティクルを傷めてしまう塩素を抜き、マイナスイオン&遠赤外線放出、イオンにより髪の汚れ落ちを良くする磁気水に変えて髪を美しくマイルドに洗い上げます。
また頭皮の血流も良くなり、微弱電流による水の電気分解により汚れを落とす、界面活性力を持つイオン洗浄により、髪や頭皮の余分な汚れをキレイにスッキリ落とします。


~トルマリン+マグネット(フェライト磁石)~
トルマリン(別名:電気石)の特徴は
①微弱電流の静電気を持つ唯一の鉱物
②マイナスイオンの放出
③遠赤外線の放出
以上の三つが主な特徴です。
が、上記三つの特徴が作用するには、『外部からの圧力』という条件が満たされないといけません。
この、ただ一つの条件を満たさないと三つの作用は期待できないという事は、あまり知られていません。
トルマリンに対して、叩いたり、擦ったり、熱を加えたり、・・・なんでも構いませんが、外から圧力を加えてあげること。これによって初めて三つの作用が行われます。
シャワーに内蔵していれば、おのずと水圧・熱などの圧力が加わるので、充分条件を満たすことが可能となり、さらにマグネットによる磁気がトルマリンに対しての圧力ともなっているので、トルマリンの上記の効力を最も発揮し易い状況下で、上質のトルマリン磁気水になってシャワーから水がでてきます。(実用新案登録3019126号)
~水に対しての作用~
少し詳しく説明しましょう。上記の作用が実際に水にどのような影響をあたえるか?というと、
一つはマイナスイオンの放出
一つは遠赤外線作用で身体の温め作用
もう一つが微弱電流によって水の電気分解
水が微弱電流によって電気分解を起こすと、ヒドロキシルイオンという界面活性力を持つイオンができあがります。
界面活性力とは、簡単に言うと汚れ落ちを促進させる力です。
昔の自然の川の流れなどには含まれていたイオンです。
ですので、昔は《川でお洗濯》をして洗剤無しでもけっこう汚れが落ちていたのですね。
そのような作用をするイオンができるので、髪や頭皮の汚れ落ちが良くなるわけです。
当店でお風呂用にイオンシャワーのカートリッジを購入されたお客様が自宅でもシャンプーの泡立ちがよくなったり、浴室のカビがつきにくくなったり・・という声が体験談としてきかれるのはその為です。

*当店使用の上記のシステム&ろ材は、総務大臣所管・日本予防医学推進委員会から認定証つきの企業のものです。

Filed under: 育毛・ヘアケア・フェイシャルエステ — admin 10:15 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: